婚活パーティーでの出会い

私には、学生時代から仲の良いグループがあります。5人グループなのですが、私を含めて3人が結婚して子供がいます。結婚していない友人は、積極的に婚活をしており、婚活パーティーで出会った男性と付き合うことになりました。顔が友人好みのイケメンで、普通にサラリーマンをしている男性でした。

友人は地方出身なのですが、実家が地元の名士ということで、親からお見合いをよく勧められていました。お見合い相手は、裕福な家庭の人が多かったのですが、結婚するなら地元に帰らなければなりませんでした。地元に帰りたくない友人は、親に何も言われないために余計に婚活をしていたように思います。

そんな中、彼氏ができたと報告を受けて、皆で喜んでいました。付き合ってしばらくしたら、突然その彼氏と連絡が取れなくなったそうです。理由は全く分からないようで、友人は少し困惑していました。

好きな人の気持ちを知りたいなら|彼氏の本音ラボ
このような恋愛ハウツーサイトで色々調べたけど、結局解決することはなかったとのこと。

考えてみれば、名前と年齢、職業以外は分からず、住んでいる場所も知らないとのことでした。友人はそんなに落ち込んではいませんでしてた。元々焦って付き合った相手なので、友人もそんなに興味がある相手ではなかったからだそうです。

自律神経失調症になりやすい性格です

私は昔から自律神経失調症になりやすい性格だと言われていました。少しのことを気にするタイプで、それをいつまでもグズグズ引きずってしまう性格だったからです。今でもその性格は改善していませんが、子供の頃の性格は大人になってからもなかなか変わらないものです。

私のような性格の人でも自律神経失調症とは無縁でいられる人もいます。神経質で細かいことが気になって嫌なことが忘れられない性格でも、人間関係が苦手でも、自律神経失調症とは無縁でいられる人は確かに存在します。正直言ってとてもうらやましいです。

自律神経失調症になる原因は人それぞれそれこそ十人十色ですが、私は大人になってもうまく世の中を渡っていけないからきっと神経の病気にかかってしまうだろうとある程度予想はしていました。悲しいことだけどなんでも悲観的に考える性格なので悪い方へ考え出すと止まらないのです。

社会人になって世の中に揉まれだすと途端に食欲がなくなって食べることが嫌いになりました。三度の食事がきちんと摂れなくなって身体がやせ細ったことで体力がなくなり、それが二年間も続きました。とてもつらかったのですが自律神経失調症だと思い仕事を変えてみたことで、その後なんとか食べられるようになりました。環境を変えることも必要なのです。